間違った歯磨きをしていませんか?~歯磨きの達人になろう~

こんにちは。
日本歯周病学会 歯周病専門医 玉澤賢です。

みなさんは、何のために歯磨きをしていますか?

「歯磨き」には磨くというワードが入っているので誤解されやすいのですが、ゴシゴシ歯を磨き上げるように強く擦っていませんか?

その歯磨きの仕方では、歯にダメージを与えてしまうかもしれません。その上、歯磨き本来の目的を果たせていない可能性があるのです。

歯磨きの目的は「歯垢を落とす」こと

歯磨きは歯面をピカピカに磨き上げるのが目的ではなく、歯についた歯垢を取り除くことが目的です。

歯垢はいわば「細菌の塊」です。むし歯や歯周病の原因である歯垢を取り除くために、歯磨きをするのです。

「ゴシゴシこすらないと磨いた気がしない」という人は、要注意です。その習慣を続けていると、歯肉が退縮して歯の根元がむき出しになったり、歯がしみる知覚過敏などが起こったりするトラブルにつながり恐れがあります。

歯を磨く時は、下記のポイントに気を付けてくださいね。

<歯磨きの注意点>
●やわらかい毛先の歯ブラシを選ぶ
●歯ブラシをゴシゴシ強く擦らない
●歯ブラシは鉛筆のように軽く持つ
●毛先が広がった歯ブラシは使わない(1カ月に1回くらい交換)
●デンタルフロスや歯間ブラシを使う
●寝る前の歯磨きを重視する

むし歯になりやすい場所を知ろう

特に細菌の塊である「歯垢」が溜まりやすいのは、特に下記の3カ所です。

●歯と歯のすき間
●歯と歯ぐきの境い目
●奥歯の噛み合わせの面

1日1回は必ずデンタルフロスなどの歯間ケアアイテムを使用して、歯垢をしっかりと除去しましょう。

フロスを歯間に入れる時は、歯根が内側にカーブしている根本の部分までしっかり通し、歯の側面にそって汚れを掻き出すようにします。

歯ブラシの大きなヘッドでは磨きにくい場所は、ワンタフトブラシというヘッドが丸い小さな毛束になったものを使うと磨きやすいのでおすすめです。

お口の個性に合わせたオーダーメイドの歯磨き法

みなさんのお顔に個性があるように、口内の状態はそれぞれ違います。もちろん、効果的な歯磨きの方法も、一人ひとり異なります。

玉澤歯科医院の予防歯科では、定期検診・メンテナンスの際にオーダーメイドの歯磨きの方法もご指導しています。通院しているうちに歯磨きの腕前が上がって、「歯磨きの達人」になれますよ。


お問い合わせはこちら
COPYRIGHT 2012 TAMAZAWA DENTAL OFFICE