「歯周病がなかなか治らない」とお悩みの方へ

こんにちは。

日本歯周病学会 歯周病専門医 玉澤賢です。

「歯周病」という診断を受けて、毎日の歯磨きをがんばっているのになかなか治らない…と困っていませんか?

 

早期の治療スタートが大切です。できるだけ早く、歯周病の専門家がいる歯科医院での診察をおすすめします。

 

 

 

歯周病とは、どんな病気ですか?

歯周病は、細菌の感染によって起こる炎症性の疾患です。

歯と歯ぐきの境い目を「歯周ポケット」といいますが、清掃が不足すると歯垢が溜まって細菌が繁殖し、歯ぐきに炎症を起こします。

 

けれども歯肉が腫れたり血が出たりしても、初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどありません。

 

軽く考えて放置していると歯周病が進行し、溜まった歯垢が硬くなって歯石といわれる状態になります。そうなると、歯磨きなどのセルフケアをいくらがんばっても、自力で取り除くことはできません。

 

そして歯周ポケットに蓄積した歯石が細菌の温床となり、歯周組織を溶かしはじめ、歯が支えを失ってグラグラするようになります。

 

ここまでくると自覚症状が出て治療を始める人が増えますが、手遅れになることも多く、最終的には抜歯を免れないことも…。

 

歯石の他に、噛み合わせの不具合や歯ぎしり・食いしばり癖などが原因で歯周病が悪化しているケースもあります。

 

歯周病の専門家が在籍する当院では、歯周病の原因をつきとめ、重度の状態でも抜歯しない治療が可能です。なかなか治らない歯周病でお困りの方は、ご相談ください。

 

 

歯周病は治らない?そんなことはありません

「一度、歯周病になってしまったら治らないと言われた」と歯科で診断を受けて不安になっているという声を聞くことがあります。

 

確かに歯は、髪の毛や爪のように再生する組織ではありません。そのため予防ケアに力を入れて、歯を大切にしてもらいたいという思いがあります。毎日の徹底した歯磨きは、歯周病の予防や改善のために継続が必要です。

 

もし正しい歯磨きなどやれることはやっていて、それでも改善しない場合は、外科的治療や内科的治療などの専門的な治療法に変えてみませんか?

 

「歯周病は治らない」ということはありませんので、「なかなか治らなくて困っている」という方は、歯周病の専門家がいる当院にご相談ください。お待ちしています。


お問い合わせはこちら
COPYRIGHT 2012 TAMAZAWA DENTAL OFFICE