抜歯せずに歯周病を治したい!歯周病の専門家にお任せ

こんにちは。

日本歯周病学会 歯周病専門医 玉澤賢です。

「歯周病で抜歯しなければならないと言われたけれど、抜歯したくない…」そんな時は、歯周病治療の専門家に任せてみませんか?

重度の歯周病のため、他院で抜歯と診断された場合でも、当院の治療法なら抜かずに済むことがあります。

※機能障害(歯が著しく動揺している、骨が吸収されている状態、とても痛くて噛めない等)がある歯は抜歯せざる得ないこともあります。

 本当に抜歯しかない?第二の意見を求めてみては

できるだけ自分の歯を抜かずに残したいものですよね。

もちろん抜歯は、一概に間違った治療法とはいえないケースもあります。

患者さんは、自分が歯磨きをおろそかにしてしまったせいで歯周病になってしまった、という後ろめたさがあるからでしょうか。納得のいかない治療でも、簡単に受け入れてしまいがちです。

でも、よく考えてください。歯は一度抜いたら、元には戻りません。

本当に抜歯するしか選択肢がないのか、治療して残す方法はないのか…、確認するためにセカンドオピニオンをとって「歯科医の第二の意見」を求めるのは大事なことです。

通院している歯医者があるからなどと遠慮せずに、専門家に相談ください。

 専門的な歯周病治療を提供しています

歯周病が重症になると、スケーリングなどの治療法では改善が難しくなります。

当院では、手術で歯ぐきを切開し、細菌の温床になっている歯周ポケットの奥に溜まった歯石を取り除く「歯周外科治療」を行うことができます。

さらに、「リグロス」や「エムドゲインゲル」という薬剤を使って、破壊されてしまった歯周組織の再生療法を行います。

この治療法なら、他院で抜歯と言われた重度の歯周病でも、歯を抜かずに保存できる可能性があるのです。

 歯の健康が生涯の幸福な暮らしにつながります

歯周病を治療した後は、定期的にメインテナンスのために通院することになります。

こうした歯周外科治療や歯周組織の再生療法を行っても、残念ながら歯周病菌を減らせてもゼロになることはないので、再発しないよう適切な定期検診&メインテナンスを継続していきます。

患者さんのお口の状態によって異なりますが、1カ月~3カ月ごとに通院することになるケースが多いでしょう。

定期検診では、年齢に応じて変化していくお口の状態に合わせた、効果的な歯磨きの方法もご指導します。通院しているうちに歯磨きの達人になっていきます。

毎日の歯磨きをしっかりと行って、高齢になっても自分の歯で噛んで食べられるように歯の健康を保ちましょう。そうすれば、生涯を通じて幸福度の高いQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を実現できますよ。


お問い合わせはこちら
COPYRIGHT 2012 TAMAZAWA DENTAL OFFICE