歯周病でお困りの方へ ~ 休息・睡眠の重要性 ② ~ 

こんにちは。 日本歯周病学会 歯周病専門医 玉澤賢です。

 

当院のカウンセリングで、歯周病患者さんの中には疲労感を訴える方もおられます。

自律神経の乱れ、心身の不調をきたすと、歯周病は進行する可能性があります。

 

前のコラムでは、体調を整えるための休息、睡眠の必要性を書きました。

 

朝、太陽の光を浴びる。

散歩もしくは運動する。

 

一部ですがこれらのことを、定期的に行うことで、体調が整い、

睡眠の質を上げることができるといわれています。

 

朝日を浴びることで、少しでも前向きな気分にしてくれます。

運動することで、自律神経を整え、全身の血流がよくなります。

 

歯周病は歯肉の血流が停滞している状態です。

 

停滞血流がよくなると、体内の細胞へ栄養を送り、老廃物を取り除いてくれるので

疲れにくい状態になるといわれています。

 

また、就寝前はスマホの使用を避け、あれこれ余計な事は考えず、

リラックスした状態で就寝することが大切です。

 


お問い合わせはこちら
COPYRIGHT 2012 TAMAZAWA DENTAL OFFICE